information

【一般会員 7/18提案】PR TIMES(3922)+360円の3,550円と大幅上昇し目標達成(7/20)。 【特別会員 7/17提案】ラクオリア創薬(4579)+212円の1,635円と大幅上昇し目標達成(7/20)。 【特別会員 7/17提案】ネオス(3627)+70円の594円と大幅上昇し目標達成(7/18)。 【一般会員 7/11提案】アスコット(3264)+21円の363円と上昇し目標達成(7/17)。 【一般会員 7/5提案】岡藤HD(8705)+11円の233円と上昇し目標達成(7/17)。 【特別会員 7/12提案】Olympic(8289)+278円の1,298円と大暴騰し目標達成(7/13)。 【特別会員 7/12提案】スタジオアタオ(3550)+304円の2,650円と大幅上昇し目標達成(7/13)。 【特別会員 7/11提案】ケアサービス(2425)+83円の932円と上昇し目標達成(7/12)。 【特別会員 7/11提案】ラクオリア創薬(4579)+218円の1,814円と大幅上昇し目標達成(7/12)。 【特別会員 7/10提案】システムディ(3804)+37円の786円と上昇し目標達成(7/12)。 【特別会員 7/10提案】エムアップ(3661)+161円の2,149円と上昇し目標達成(7/11)。 【特別会員 7/9提案】ソーバル(2186)+223円の1,648円と暴騰し目標達成(7/10)。 【一般会員 7/9提案】ベステラ(1433)+161円の1,724円と大幅上昇し目標達成(7/10)。 【一般会員 7/6提案】弁護士ドットコム(6027)+187円の3,120円と上昇し目標達成(7/10)。

※ 直近提案銘柄のうち、「目標達成」となった銘柄の一部です。他の提案実績は、「過去の提案銘柄ページ」をご覧下さい。

短期暴騰銘柄の提案では、国内トップレベルと自負しております。
短期暴騰銘柄提案のスペシャリスト!!

このような銘柄をご提案!

詳しくはコチラ
  • POINT1 暴騰銘柄の急落後の反発狙い
  • POINT2 高値抜き銘柄の新展開狙い
  • POINT3 ラインの放れ銘柄の買い

あせらない!欲をかかない!堅実に!

詳しくはコチラ

会員コース

詳しくはコチラ
月半ばでも月末でもご契約が締結した「その日」から1ヶ月がスタート!いつでも安心してお申し込みいただけます。
会員申込みはコチラ

会員様の声 Pickup

全ての声をみる
  • 継続お願いします。

    登録日:2018年06月13日

    ザラバの情報に期待しております。

  • 株式譲渡損益は5月まで毎月プラスです

    登録日:2018年06月10日

     内外とも 材料豊富で 目まぐるしく内容は変化するのでどの時点で参加して てじまうか迷う事しばしばです。  ささやかな生活費は必要なので (頭と尻尾は くれてやれ)式で まずは生活費を確保 指数は気にせず (マエストロの 株式ボナセーラ)で利益を出す様に心がけたせいか 2月 1月 3月 5月 4月の 順で株式譲渡益が プラスでした。  有難うございます。 今後ともよろしくアドバイスお願いいたします    

  • 継続お願いします。

    登録日:2018年05月11日

    一般会員銘柄とザラバの情報を参考にしております。ここ数ヶ月プラスになっており、 今後も期待しております。

  • 小さな利益を積み重ねる

    登録日:2018年05月02日

    家に居るときはザラバのブログを楽しみにしています。 マエストロさんの本も読みながらに日々勉強中です。

  • 誠実な運営姿勢に深謝です

    登録日:2018年03月22日

    いつも素晴らしい銘柄を提案頂きありがとうございます。 マーケットの状況によってキャッシュポジション比率を高めるなど 会員の利益を重視して下さる誠実な運営姿勢に深謝いたします。 これからもお身体に気をつけて頑張ってください!

有価証券等に係るリスク

投資顧問契約締結前交付書面
  • 投資顧問契約により助言する有価証券についてのリスクは、以下のとおりです。
  • 1. 株式
    【株価変動リスク】
    株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。 また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。
    【株式発行者の信用リスク】
    市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。
  • 2. 信用取引等
    信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
    信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動し、委託証拠金を割り込むこと、又、損失の額が委託証拠金の額を上回ることがあります。

DVD & 書籍

ご購入はコチラ

メディア掲載

詳しくはコチラ
twitter

LINK

証券取引等監視委員会
マエストロの株式ボナセーラ